FC2ブログ

2010年モデル CBR1000RR 国内フルパワー仕様

さぁお待たせしました。。。
ご紹介しておりました2010年モデルのCBR1000RR国内仕様のフルパワー化の詳細アップで~す
DSCN6033_20101105174831.jpg
今回の車両は国内仕様で最初の状態ではリミッターカットとTSRさんのフルエキのみが取り付けられている状態からのフルパワー化です
リミッターカットを含めて変更しないといけないところは色々あるのですが、一番大きなところはやはりファンネルですかね
下の写真は純正国内仕様のファンネル(交換前)でかなり口径が小さいのが分かると思います。肉厚なので持ってみてもかなり重たい
DSCN6040.jpg
その空気の量をかなり制限されているであろうファンネルを下のものに変更一目瞭然!!!この時点で100馬力はアップしたかな!って感じです
DSCN6043_20101105175020.jpg
下の写真はECUの写真です。いわゆるコンピューターで、バイクの全てを掌る人間の脳みそみたいなもんですね高年式になればなる程小さくなっていくような・・・電化製品でもパソコンでも一緒ですが、性能が上がっている分、コンパクトになっていきますね
先日作業させて頂いたラベルダなんかは20年くらい前の車両と言う事もあり、かなり大きめのお弁当箱みたいなECUがついてましたもんね
DSCN6039.jpg
ファンネル交換の他にも色々と作業があるのですが、オートチューンを取り付ける為に二次エアーもカットしたり、パワーコマンダー&オートチューンも無事に取り付け完了です
DSCN6068_20101105174831.jpg  DSCN6050.jpg
見慣れた画像で、いつものようにダイナモに乗せてセッティング開始です

気になる結果はと言うと、こんな感じです
CBR1000RR比較一番最初と比べると、実はマフラーも変わっているので正確な比較にはなりませんが、TSRさんのGPスタイルマフラー?からプロダクションレーシングマフラー?だったかな!?に変更してのフルパワーです

参考までに、国内のECUを使用してのフルパワー化をして、まったくセッティング無しの状態での測定結果です怖いので1回しか測定してませんが、激薄なのがわかると思いますこのままガンガン回したら間違いなくエンジンぶっ壊れますよ~~~海外のECUを使用してのフルパワー化だとこんな風にはなりませんが、それでも間違いなくセッティングは必要ですね
CBR1000RRフルパワー比較

さてさて明日からはZ1000のセッティングに取り掛かれるかな。。。
DSCN6046_20101105181225.jpg
明後日にはCB1300(パワコマセッティング)とCB750(FCRキャブ、パワーチェック)のお客様も来店予定なので、
明日はZ1000と一日頑張るぞ~~

スポンサーサイト



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

株式会社DYNOMAN

Author:株式会社DYNOMAN
DYNOMANダイノマン ブログ
インジェクション・キャブレターを問わず、セッティングについてのおもしろネタからコアな情報まで普段ではなかなか見ることのない情報をどんどんご紹介します。


DYNOMANホームページは
コチラです。
http://www.dynoman.jp/

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
497位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
236位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード